院内・施設紹介

外観

外観

駐車場

駐車場

18台 全面ロードヒーティング
駐輪場あり

待合室

待合室

院内土足/バリアフリー

受付

受付

診察室

診察室

病状観察モニター設置

視力検査室

視力検査室

全面液晶ハイブリッド視力表

検査室/レーザー室

眼底3次元画像解析装置

眼底3次元画像解析装置

網膜表層から深層の細かな血管撮影(アンギオグラフィー)機能や診療・診断をサポートするための多彩な解析/撮影機能を搭載した最先端機器です。

自動視野計

自動視野計

緑内障の診断、進行状況、治療効果判定のために視野の範囲や欠損を確認します。

光学式眼軸長測定装置

光学式眼軸長測定装置

白内障の手術に必要な眼軸長(眼の長さ)や角膜の丸みや前房深度、水晶体厚みなど、多くの部分の測定を目に触れることなく一度に測定します。

スペキュラーマイクロスコープ

スペキュラーマイクロスコープ

角膜内皮細胞という、5層構造になっている角膜のもっとも内側にある1層の細胞で角膜を透明に保つための大事な細胞です。再生が不可能な細胞で加齢とともに減少していきます。また眼の手術などでも減少します。白内障などの手術を受ける場合は術前に細胞の数をスペキュラーマイクロスコープにて確認します。
極端に細胞の数が少ない場合は、手術ができない場合があります。

レーザー網膜光凝固装置

レーザー網膜光凝固装置

網膜光凝固技術は、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、中心性漿液性網脈絡膜症、網膜裂孔などの眼底の病気に対しておこなわれる治療法です。レーザー装置を用い、特定の波長のレーザー光で病的な網膜を凝固させることにより病気の進行を抑えます。この治療法は病気の悪化を防ぐ目的でおこなわれるものです。
当院の装置はPASCAL(パスカル)という治療用レーザーです。最大の特徴は治療時に患者さんの痛みがきわめて少ないこと。しかも、治療に要する時間は従来型レーザーの半分以下で済みます。

後発白内障YAGレーザー

後発白内障YAGレーザー

後発白内障は白内障の手術後、水晶体嚢(眼内レンズを固定している膜状の袋)が水晶体上皮細胞の増殖により混濁を起こす病気で、これにより霧視(かすんで見える)や視力低下が起こります。
治療は、YAGレーザーという光線で、その白濁した水晶体嚢の中心を破り、光のとおり道をつくります。眼科の外来で短い時間で処置ができます。多くの場合、一度レーザーを受けると、またよい視力にもどります。

手術室

手術室

手術室

手術室は高性能の空気清浄システムによりクリーンな環境を保っております。

手術顕微鏡

手術顕微鏡

眼科用手術顕微鏡トップメーカーであるドイツのカールツァイス・メディテック社製 “Lumera700” と広角眼底観察手術システム “リサイト” を天井吊下げ式にて導入。この顕微鏡システムにて、より安全かつ確実な白内障手術や硝子体手術が可能となります。

超音波白内障手術装置

超音波白内障手術装置

アルコン社製 “センチュリオン” を導入
最新の白内障手術機器で患者さんの眼への負担やリスクを最小限に抑えながら効率的な手術を可能とします。

硝子体手術装置

硝子体手術装置

アルコン社製 “コンステレーション” を導入
高性能な硝子体カッターを備え、あらゆる硝子体手術に対し幅広い術式、きめ細かい手技に対応します。また手術顕微鏡に設置している広角眼底観察システム “リサイト” と組み合わせることにより、眼底全体の状態を把握しながら、硝子体手術をさらに効率良く安全におこなえます。

リカバリールーム

リカバリールーム

手術室のすぐ向かえに配置され、手術前後にリラックスして過ごせるようにリクライニングソファーをご用意してあります。

当院のサイトメニュー